Translations to English; Last modified: 2019/03/20 (Wed)

私の履歴はPDF版の私のCVにもあります。


学歴

平成27年(2015年) 3月 博士号(理学), 東京大学大学院 理学系研究科 天文学専攻
平成24年(2012年) 3月 修士号(理学), 東京大学大学院 理学系研究科 天文学専攻
平成22年(2010年) 3月 学士号(理学), 北海道大学 理学部 物理学科
平成17年(2005年) 3月 青山学院高等部 卒業
平成17年(2002年) 3月 青山学院中等部 卒業
平成17年(1999年) 3月 青山学院初等部 卒業


職歴

平成29年(2017年) 9月 --- 現在 アメリカ国立電波天文台 ジャンスキーフェロー
受入先: マサチューセッツ工科大学 ヘイスタック観測所
受入先での職名: Postdoctoral Fellow
平成28年(2016年) 9月 --- 平成29年(2017年) 8月 マサチューセッツ工科大学 ヘイスタック観測所 Postdoctoral Associate
平成27年(2015年) 9月 --- 平成29年(2017年) 8月 日本学術振興会 海外特別研究員
受入先: マサチューセッツ工科大学 ヘイスタック観測所
受入先での職名: Postdoctoral Fellow
平成27年(2015年) 4月 --- 平成27年(2015年) 8月 国立天文台 水沢VLBI観測所 研究支援員
平成24年(2012年) 4月 --- 平成27年(2015年) 3月 日本学術振興会 特別研究員 (DC1)
受入先: 東京大学大学院 理学系研究科 天文学専攻


職歴 (客員研究員など)

平成29年(2017年) 2月 --- 現在 ハーバード大学 Black Hole Initiative Affiliate
平成28年(2016年) 4月 --- 現在 国立天文台 水沢VLBI観測所 特別客員研究員


受賞歴、栄誉など

平成29年(2017年) 9月 アメリカ国立電波天文台 2017 Jansky Fellowship Program
(邦人初の採用)
平成27年(2015年) 3月 東京大学総長賞
平成27年(2015年) 3月 東京大学大学院理学系研究科研究奨励賞
平成27年(2015年) 3月 東京大学大学院理学系研究科総代 (博士課程修了時)
平成22年(2010年) 3月 財団法人北海道大学クラーク記念財団クラーク賞
(北海道大学理学部物理学科 首席)
平成20年(2007年) 4月 --- 平成22年(2010年) 3月 公益財団法人 井上育英会 奨学生
平成20年(2007年) 3月 北海道大学新渡戸賞


研究補助金等の獲得状況

平成24年(2012年) 4月 --- 平成27年(2015年) 3月 科学研究費補助金特別研究員研究奨励費 (2,700 千円, 研究代表者)


教育活動

平成26年(2014年) --- 現在 東京大学大学院生の研究指導 (計3名)
平成25年(2013年) --- 現在 Research Experience for Undergraduates (REU) Programの研究指導員
マサチューセッツ工科大学 ヘイスタック観測所
(アメリカの大学学部生 7人を3ヶ月に渡って研究指導)
平成25年(2013年) --- 平成27年(2015年) 3月 東海大学大学院生の研究指導 (計1名)
平成25年(2013年) AGMUS Pre-College Summer Internship Programの研究指導員
マサチューセッツ工科大学 ヘイスタック観測所
(アメリカの大学入学前の高校生1人を3ヶ月に渡って研究指導)
平成24年(2012年) 琉球大学 電波観測実習 TA, 国立天文台 水沢VLBI観測所 石垣局
平成22年(2010年) 国立天文台 水沢VLBI観測所 美ら星探検隊 (高校生の観測実習) 5人の高校生の指導員を担当


主な研究業績に関する報道・プレスリリース、解説記事など

私が参加しているEHTに関する記事はたくさんありますが、EHTの公式サイト日本のEHTチームの公式ウェブサイトがEHTを知る上でとっかかりとして良いと思います。私自身が提供した画像等も国内外のニュース記事に掲載されていますが、その引用元になっただろう記事等のいくつかは英語版のページに示しました。ここでは日本国内のものに留めておきます。

平成28年(2018年) 6月 解説記事 天文月報に寄稿した秋山・本間によるEHT解説記事
"Event Horizon Telescopeによる超大質量ブラックホールの事象の地平面スケールの観測"
平成27年(2017年) 4月11日 報道 NHK「おはよう日本」におけるEHTの特集
「100人を超える天文学者が20年をかけて臨んだ「ブラックホール撮影プロジェクト」が始動」
平成27年(2017年) 4-8月 解説記事 ALMAのシリーズ特集記事「地球サイズの望遠鏡でブラックホール撮影に挑む」 (1,2,3,4,5,6,7,8)
平成27年(2015年) 12月04日 プレスリリース 「天の川銀河中心に潜む超巨大ブラックホール周囲の磁場構造を解明」
プレスリリース Website
フジテレビ、毎日新聞、アストロアーツ、マイナビジャーナルなどで報道。
平成27年(2015年) 8月23日 報道 「情報科学の名探偵! 魔法の数式 スパースモデリング」
NHK サイエンスゼロ 2015年8月23日放送 Webpage
平成27年(2015年) 6月5日 プレスリリース 「ミリ波VLBI 実験」
プレスリリース Website (山口大学にて記者発表)
日本経済新聞、共同通信、山口新聞、信濃毎日新聞、他多数で報道
平成27年(2015年) 4月27日 報道 「東大総長賞の4人はなぜ「突き抜けた」か。昨年度の受賞者の素顔」
朝日新聞出版AERA 2015年4月27日号 Web版
平成26年(2014年) 2月7日 解説記事 「天の川銀河の中心の巨大ブラックホール天体で不思議なフレア現象をとらえる」
ウェブリリース Website
アストロアーツ、マイナビジャーナルなどで報道
平成24年(2012年) 9月18日 プレスリリース 「人類史上最高の視力でみる超巨大ブラックホールからの噴出流」
プレスリリース Website
(日本天文学会の推薦を受け、大分大学で開催された日本天文学会秋季年会にて記者発表)
NHK、朝日新聞、毎日新聞、日本経済新聞、共同通信、大分合同新聞、西日本新聞他多数で報道